ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

凧々上がれ

  • お天気まめ知識のRSS

伝統的なお正月の遊びとして、羽根つきや凧揚げ、独楽まわし。
カルタや福笑い、すごろくなどがありました。
今時の子どもたちがこうした正月遊びをする光景はあまり見かけなくなりましたが、
昔子どもだった人達が「凧揚げ大会」に大勢集まっているようです。

凧が揚がるためには「揚力(ようりょく)」という力が必要です。
「揚力」とは言い換えれば凧を舞い上がらせる力です。

凧が風を受けるとき少しねかせ気味にしていますが、
凧のまわりの風は上と下とに分かれます。
凧の上の方に回り込んだ風は速く流れると同時に気圧が下がり、
反対に下の方は上に比べて気圧が高くなります。
この結果、上下の圧力に差ができて凧を押し上げる力が働きます。
この上へ舞い上げる力が「揚力」です。

少し難しい話になりましたが、
大空を高く高く揚がる凧は、風が吹いてこそで、風の強い冬場はうってつけ。
風を読んで凧やの張り具合や凧糸のひき方を変えたりしながら、
風と凧と人が一体なれる遊び。
それが凧揚げの面白さといえるでしょう。

今日の豆知識 - 静電気を防ぐコーディネート

静電気を防ぐコーディネート

ものが触れたり、摩擦したりすると静電気が発生します。 冬は服を重ねて着ますから、 服同士の摩擦で、余計に静電気が起きやすい季節。 ただ、服の組み合わせによっては 静電気を少なくすることができます......[ 続きを読む ]

お天気用語集

くものぶんるい【雲の分類】
雲は、おもにできる高さや形状によって10種類にわけることができ、これを十種雲形という。 雲を高さで分類すると、「上層雲」「中層雲」「下層雲」に分けられる。...
じふぶき【地吹雪】
積もった雪が風のために空中に吹き上げられる現象。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.