ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

光の春

  • お天気まめ知識のRSS

小寒から大寒を経て節分にかけては一年で最も寒さの厳しい時期ですが、
ひと足早く春に向かってもう歩み始めているものが日脚(ひあし)です。

東京の日の出の時刻を見ますと、
冬至の頃は午前6時47分。
1月5日小寒の頃は最も日の出が遅くなって6時51分。
1月20日大寒頃は6時49分。
2月3日の節分は10分程早く6時40分です。

もちろん日没も遅くなり、日脚は確実に伸びています。
光の春の始まりと共に、寒さ(冬)の折り返し点を過ぎようとしています。

今日の豆知識 - 寒さとインフルエンザ

寒さとインフルエンザ

風邪に悩まされる季節となりました。 風邪の中でもインフルエンザは症状が重くなったり、感染力が強いので厄介です。 そのインフルエンザウイルスの流行は、気象と密接な関係があることは よく知られていま......[ 続きを読む ]

お天気用語集

じょうしょうきりゅう【上昇気流】
大気が上昇している状態。山岳をふき越そうとする風や低気圧の中心、発達した積乱雲の 中などでみられる。(⇔下降気流)
ぎゃくてんそう【逆転層】
高度が上昇するほど気温が上昇する気層のこと。普通、気温は高度が上昇すると低下する傾向があるが、それとは逆になっている。冬の晴天時、放射冷却によって起こる。

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.