ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

光の春

  • お天気まめ知識のRSS

小寒から大寒を経て節分にかけては一年で最も寒さの厳しい時期ですが、
ひと足早く春に向かってもう歩み始めているものが日脚(ひあし)です。

東京の日の出の時刻を見ますと、
冬至の頃は午前6時47分。
1月5日小寒の頃は最も日の出が遅くなって6時51分。
1月20日大寒頃は6時49分。
2月3日の節分は10分程早く6時40分です。

もちろん日没も遅くなり、日脚は確実に伸びています。
光の春の始まりと共に、寒さ(冬)の折り返し点を過ぎようとしています。

今日の豆知識 - 万緑叢中紅一点

万緑叢中紅一点

「紅一点」といえば、大勢の男性の中に女性が一人だけいる様子です。 緑の草原の中に一輪の紅い花が咲いている光景で、 女性を花に例えたわけです。 ところで、この紅い花は何の花でしょう。 シャクヤク......[ 続きを読む ]

お天気用語集

ときどき【時々】
雨などの現象がときどき起こり、その現象の合計時間が予報期間の半分以下のとき。 「くもり時々晴れ」などと使われる。
こうさ【黄砂】
中国の黄河上流の黄土地帯などで、ふき上げられた多量の砂じんが風にのって飛来し、空一面をおおって少しずつ降下する現象を黄砂という。西日本の春に目立つが、関東...

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.