ウェブ検索

livedoorlivedoor 天気情報

livedoorが提供するお天気情報

トップ > 豆知識

おせち料理

  • お天気まめ知識のRSS

「おせち料理」は、平安時代の朝廷行事で作られた節句料理が起源といわれます。
「節句」とは、年の初めの1月7日のほか、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の五つの節句のこと。
「節」とは季節の変わり目をさす言葉でもあって中国から伝わった習慣です。
この節目の日に神前に祝いのお膳を供え、
神様と人とが料理を供にするという意味の「お節供」が「おせち」となったそうです。
この五つの節供の行事のうち時代の流れとともに、
新しい年を迎えるお正月料理が現在の形になったのは江戸時代後半。
さらに明治以降は「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

それぞれの料理にはさまざまな夢や願いが託されていて、
例えば黒豆には健康、数の子は子孫繁栄、昆布巻は喜ぶ・不老長寿、
田作りは豊作・豊穣、伊達巻は華やかさや文化・勤勉、
栗きんとんは金運・商売繁盛などです。
おせち料理には、野菜・玉子・海草・豆・芋・肉・魚など
1日に摂取したいとされる食材がほとんど使われていますから、
寒い冬を乗り切るという意味でもバランスの良い健康料理といえますね。

今日の豆知識 - 低温やけどに御用心

低温やけどに御用心

朝晩の冷え込みが厳しく、暖房器具を使うことが多くなりました。 使い捨てカイロや電気カーペット、湯タンポやアンカを使うときは 低温やけどに気をつけて下さい。 やけどというと火や熱湯など高温のもの......[ 続きを読む ]

お天気用語集

しもばしら【霜柱】
地表面が乾燥して0℃以下のとき、土の中の水が上がってきて地上で氷結。その際、柱のよ うな氷の結晶を作ったもの。
あめたいふう【雨台風】
風による被害より、雨による被害のほうが大きい台風。(⇔風台風)

世界の天気

今日の豆知識

凡例・免責事項

Copyright © 日本気象協会 All rights reserved.